• countryad

ターゲット別ネット広告戦略~顧客層向け~


顧客向け広告の手法

予算に余裕がない場合、ターゲットを絞るべきとこちらの記事でもお伝えしました。今回はすでにあなたのお店で商品・サービスを購入した『顧客層』をターゲットとした場合の広告戦略についてご説明します。

まず、広告のターゲットに顧客を選ぶことのメリットです。

・すでに商品・サービスを購入しているため、購入のハードルは低い。(満足度が高い場合)

・顧客が商品・サービスに満足していれば周りの人たちにもシェアしてもらえる。

・リピーターになってくれる可能性がある。(定期購入)

新規に購入してくれる人を獲得するためには、多大な労力と広告費を要すことが多いため、そこまでの労力をかける余裕がなかったり広告費が少ない場合には、特にこの顧客たちに向けて再購入を促すネット広告戦略が重要となります。

それでは、具体的な広告手法を見ていくことにしましょう。

1.リマーケティング広告(リターゲティング広告)

ヤフーやグーグルでは、一度サイトに訪れた人や商品を購入してくれた人をリストアップし、その人に向けてバナー広告やテキスト広告を配信し続けることができる広告があります。

それがこのリマーケティング広告(リターゲティング広告)です。一度サイトを訪れている・もしくは商品やサービスを購入してくれているため、一度あなたのサイトを離れても再度広告を配信することでサイトへの再訪・再購入を促すことができます。

詳しくはこちらの記事で詳しく説明しています。

2.メール広告

商品・サービスを購入してくれた顧客に対して、ダイレクトメールを送付する手法です。

顧客から取得したメールアドレスに対して直接訴求ができるため、再購入を促すには効果的な広告手法といえます。

セールやイベント、クーポンの送付など、顧客にとって魅力的な情報を届けることで、効果の最大化を図ることが可能です。

このような広告を地道に展開していくことで、リピーターの創出やさらなるファン層の拡大が期待できます。取りこぼしのない広告戦略は、あなたのビジネスをさらに加速させることができます。

#広告費 #リスティング広告 #福島県の広告