カントリーアドでは福島・郡山をWebの力でサポートしています。福島ではいまだに看板広告や交通広告、新聞やチラシなどでの販促活動が主となっていますが、昨今のスマホやパソコンの保有率の上昇により、ユーザーが商品・サービスを購入する際の比較検討の手段は、Webへとどんどん移ってきています。カントリーアドではホームページの制作、パソコンやスマホでの検索連動広告の代行ディスプレイ広告運用代行Googleマイビジネス​の登録代行からGoogleAnalyticsを用いたホームページの分析まで、福島のWeb集客を全面的にサポートしております。郡山で看板広告を出していても効果が出ない。福島市で交通広告を出しているが効果測定がしづらいなど、新聞、チラシを含め今まではではできなかった分析・改善ができることがWeb広告・ネット広告の強みの一つです。これからの福島の販促をネットでサポートしていくために、福島密着型の広告代理店カントリーアドは、全力でお手伝いします。

<営業時間>

月・火・水・木・金・土 AM9:00 - PM7:00

<カントリーアドのサービス>

<福島県内の営業エリア>

© Country ad Division  All Right Reserved.

郡山の集客について考える

April 24, 2018

こんにちは。カントリーアドです。

 

現在郡山を拠点として営業活動を行なっておりますが、その中で実に様々な広告手法があることを実感しております。

 

今回はその中でも、郡山で集客をする上でどのような広告があるのか、そしてどのようなプランニングで広告を出稿すべきなのかを多面的に検証していきたいと思います。

 

(追記:2019年12月より、毎月3社限定の無料のインターネットコンサルティングをスタート致しました。どんなご相談でも無料で対応させていただくサービスとなりますので、お気軽にご相談ください。参加をご希望の方はお問い合わせページよりご連絡くださいませ。)

広告の種類

 

まずは広告の種類から調べてみます。郡山市内のユーザーに対して訴求可能な広告は以下の通りです。

 

・チラシのポスティング

・看板広告

・新聞広告

・テレビCM

・フリーマガジンへの掲載

・ネット広告

 

ユーザーに対しては非常に多種多様な宣伝方法があることがわかりますね。

 

それではこれら広告がどのような部分で強く、どのような部分で弱いのか、そして実際に出稿する際にはどの地域に配信できて、どの程度費用がかかるのかを比較検証していきたいと思います。

 

チラシのポスティング

 

広告を出す、と考えたときにまず思いつくのがチラシ、という方も多いのではないでしょうか。御社のサービスを知らない方にもプッシュ型で広告を出すことができますので、新店舗開店や安売りセールなど、タイムリーな場面で強い広告と言えます。

 

・メリット

潜在層に強い。御社のサービスやお店を知らない方にも大きなビジュアルでアピールすることができる。また集合住宅や戸建てなど、居住体系によってポスティングを絞り込むことができ、単身者や家族などのターゲティングができる。

 

・デメリット

見ずに捨てられることが多い。見る人に興味がない場合には無駄な費用となってしまう。1回チラシを撒いてしまうとそれで終わりとなるため、継続して広告を出すという意味では使えない。

 

・配信可能地域

郡山市内全域に対してポスティングが可能。各社平均して10万戸ほどのポスティング先を確保している。

 

・費用

チラシ代(デザイン制作+10,000部印刷)50,000円

ポスティング代(戸建て指定配布)@7円×10,000部 70,000円

1回 計120,000円

※参考価格

 

看板広告

 

車を運転する人がほとんどの郡山では、至る所で看板広告を目にすることと思います。大きな文字で見る人へインパクトを与え、集客へと繋げてくれる広告です。ほとんどの場合年間契約ですので1年を通して看板での訴求が可能です。

 

・メリット

交通量の多い所に設置することで、より多くの不特定多数の消費者に対して訴求ができる。また年間契約が基本のため、比較的低単価で1年を通しての広告宣伝が可能。

 

・デメリット

看板広告はあくまで景色の一つとしてしか感知していない人も多く、年々その訴求力は落ち込んでいる。最近では「広告募集」という空き看板も目につくなど、時代遅れの広告であることも否めない。またターゲティングができないため、実際どの程度集客につながるのかは不透明。

 

・配信可能地域

郡山市内至る所で看板での広告宣伝が可能。いかに自社のターゲットが通りそうな場所に広告を出せるかが重要。(しかしそれを探すことは実際のところ困難)

 

・費用

年間150,000円 化粧料50,000円

1ヶ月 計16,666円

※参考価格

 

新聞広告

 

福島でも多くの企業が出稿した経験があるであろう新聞広告。テレビやネットが普及するまではその影響力は非常に大きいものがありましたが、若年層の新聞離れや購読者の減少からその影響力はどんどん低くなってきています。逆に考えれば高齢者への影響力は未だ保持しているとも言えます。

 

・メリット

購読者には若年層よりも高齢者の方が多く、自社のターゲットがその層であれば出稿する価値はまだ十分にあると考えられる。また購読者はきちんと新聞を読み込むことが多いため、広告を目にしてもらう機会も多いと思われる。

 

・デメリット

若年層に対する訴求力はあまりない。また広告を1度出せばそれで終わりとなるため、継続して訴求し続けたい場合には向かない広告であると言える。

 

・配信可能地域

郡山市内全域の購読者に対して配信が可能。

 

・費用

社会面 突き出し 52.5×66  231,000円

1回 計231,000円

※参考価格

 

テレビCM

 

広告予算に余裕がある企業であればその影響力は非常に大きい広告です。ネット広告に押されているとは言え、ほぼ全世代に対して同時に配信することができるため、商品やサービスの宣伝はもとより、認知度の向上やブランディングにも最適な広告と言えます。

 

・メリット

全ターゲットに対して訴求することが可能。視聴率も高いためより多くの人へ訴求したいのであれば出稿の価値はある広告。認知度向上やブランディング面でも一定の効果が見込める。

 

・デメリット

効果測定が難しく、費用面でも非常に高額となるため、広告費に余裕がある企業でなければ出稿は難しい。またBtoB(法人対法人)の会社であれば、あまり効果は見込めない。あくまで一般消費者層に向けての広告と言える。

 

・配信可能地域

郡山市内全域で配信可能。

 

・費用

平日19:00–23:00  30分クラス 800,000円

※参考価格

 

フリーマガジンへの掲載

 

その地域の気になるニュースやセール情報、クーポンなどを求めて多くの人が手に取るのがこのフリーマガジンです。自分から手にとって読んでもらえるため、最後まで読んでもらえる確率は高く、そのため広告の閲覧率も高いものと思われます。

 

・メリット

各フリーマガジンによってそのターゲット層が違うため、自社がターゲットとする層に対してどのフリーマガジンが最適か選定した上で広告を出稿することができる。また特集などでピックアップしてもらえれば、より多くの集客が見込める。

 

・デメリット

そもそもフリーマガジンを取る層もあれば取らない層もあるため、取りこぼしは否めない。また高齢者向けのフリーマガジンなどはあまりに少なく、その層へのターゲティングは難しいと言える。効果測定も難しい。(工夫次第で改善は可能)さらにはフリーマガジンが配布されている場所以外では認識すらしてもらえない。

 

・配信可能地域

郡山市内全域で配布されている。

 

・費用

1/8ページ 88×60.76 

掲載料金 42,000円 制作料金 8,000円

1回 計50,000円

※参考価格

 

ネット広告

 

近年テレビに次ぐ広告となり、2017年の日本の総広告費の6兆3,907億円中の1兆5,094億円がこのインターネット広告費として出稿されるほど人気が高まっている広告です。

ユーザーが検索した際のみ広告を配信するため、無駄な広告配信を防ぎコストを下げることができます。ターゲットも潜在層から顕在層までカバー可能。また効果測定や地域の細かいセグメントが可能など、まさにこれからの時代の広告と言えます。

 

・メリット

ユーザーがインターネットで何かを検索した場合に広告を出し、クリックされなければ課金されないためにコストを低く抑えることが可能。また自分のお店から30分以内にいる人にだけ配信したり、費用に対してどの程度の集客があったのかをデータで集めることもでき、改善もしやすい広告と言える。

 

・デメリット

インターネットに触れない層に対しての訴求は不可能。(しかし福島県では約80%の人がインターネットを使用しており、カバーできる範囲は非常に広い)

 

・配信可能地域

郡山市内全域での配信が可能。(もちろん全国への配信も低価格で行うことが可能)

 

・費用(リスティング広告)

10,000円〜

 

まとめ

 

現時点で郡山市内で出すことができる広告をおまとめしてきました。

 

いずれも一長一短ありますが、自社のターゲットやタイミングなどで、どの広告を選ぶかは変わってくることかと思います。

 

もし私がある企業で広報・販促の担当として採用され、毎月の予算が300,000円という風な状況に置かれたとしたら、おそらく真っ先に取り掛かるであろう広告はWeb広告です。

 

その理由は、「少ない費用で狙ったターゲット(しかも優良見込客)に対して、ピンポイントで広告を配信することができる」という点です。

 

さらには毎月配信した広告の費用に対して、実際どの程度集客があったかをデータで把握することもでき、それらデータから来月以降の改善策を練る事も出来ます。実は他の広告と比較した際に、最も大きな違いはこの部分であると思っています。

 

皆さんにお聞きしたいのですが、「先月の広告費用に対して、何人の集客、いくらの売り上げに繋がったか」即座にお答えいただくことはできるでしょうか。

 

おそらく、それは難しいと思います。

 

なぜなら現時点でその質問に対して正確な数値で回答できるのは、Web広告を置いて他にはないからです。

 

郡山市で営業されていらっしゃる企業は、まだまだweb広告に対して懐疑的で、その可能性を疑ってすらいます。しかし県内の人口は年々減少していくだけというこの状況の中で、今までと同じ広告宣伝の手法が通用し続けるでしょうか。

 

カントリーアドでは経験豊富なコンサルタントがマンツーマンで、あなたの会社のサービス・業態に応じた最適なweb広告のプランを立案・運用・改善することができます。

 

ぜひこれからの広告宣伝のお話をさせて頂ければと思っております。

お問合せはこちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<2018年版>福島県内の企業のWeb導入状況まとめ

December 11, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ