カントリーアドでは福島・郡山をWebの力でサポートしています。福島ではいまだに看板広告や交通広告、新聞やチラシなどでの販促活動が主となっていますが、昨今のスマホやパソコンの保有率の上昇により、ユーザーが商品・サービスを購入する際の比較検討の手段は、Webへとどんどん移ってきています。カントリーアドではホームページの制作、パソコンやスマホでの検索連動広告の代行ディスプレイ広告運用代行Googleマイビジネス​の登録代行からGoogleAnalyticsを用いたホームページの分析まで、福島のWeb集客を全面的にサポートしております。郡山で看板広告を出していても効果が出ない。福島市で交通広告を出しているが効果測定がしづらいなど、新聞、チラシを含め今まではではできなかった分析・改善ができることがWeb広告・ネット広告の強みの一つです。これからの福島の販促をネットでサポートしていくために、福島密着型の広告代理店カントリーアドは、全力でお手伝いします。

<営業時間>

月・火・水・木・金・土 AM9:00 - PM7:00

<カントリーアドのサービス>

<福島県内の営業エリア>

© Country ad Division  All Right Reserved.

福島でWEB広告を出す上で大切な3つのポイント

April 5, 2018

 

WEBマーケティング業界ではその変化のあまりの早さから、「ドッグイヤー」と呼ばれることが多くあります。これは、人間の1年が犬の7年に相当することからつけられています。

 

しかし、福島をはじめとする地方のWebマーケティング業界の状況は、東京と比べると「5年」は遅れているとよく言われます。

 

実際に福島県内のWeb広告のお手伝いをしてみて、それが必ずしも過剰な表現であるとは言えないなという実感を持ち始めています。

 

とは言え、いつまでもその状況を甘んじて受け入れているわけにはいきません。カントリーアドは福島県内のWeb広告の遅れを少しでも取り戻し、タイムラグなく最新のWebマーケティングを実施できるよう、これからより一層尽力していきたいと決意を新たにしています。

 

今回は、その遅れを取り戻すための第一歩として、福島でWeb広告を出す上で大切な3つのポイントと題して、県内のマーケティング担当、宣伝担当の方々に覚えておいていただきたいポイントをおまとめしました。

 

是非この情報を元に、自社内でのWebマーケティングの改善を進めていただければ幸いです。

 

それでは早速そのポイントを一つずつご説明します。

ポイント1:スモールスタート

 

 

スモールスタートとは、その名の通り「小さく始める」ということです。

 

おそらく福島県内のほとんどの企業が、何らかの方法で宣伝活動を行なっていることと思います。テレビCMに100万円、フリーペーパーに30万円、チラシに30万円などなど。

 

Web広告の利点の一つが、「いつでも小さく始められ、いつでもすぐに始められる」というところです。これは特にリスティング広告が当てはまります。具体的には

 

・1万円からでも始められる

・1週間ほどでスタートできる

・やめたいときにすぐやめられる

 

これらの利点が挙げられます。

 

社内的に、Web広告に対して懐疑的な方もいらっしゃると思います。(特に上層部ほどその傾向は顕著です)そのため通常のテレビ・新聞・フリーペーパー・交通広告・チラシ等の媒体での販促活動を行っている場合、それ以上の予算を組むことが難しい場合も往々にしてあるかと思います。

 

しかし1万円からでも始められるのがWeb広告です。最初からまとまった予算を組むことが難しいのであれば、通常の媒体での広告予算を少しだけWeb広告に振り分けることで、まずはネット広告がなんたるかを感じて頂けると思うのです。

(もちろん1万円ではなかなかきちんとした結果を出すことは困難であるため、ご予算は多いに越したことはありませんが)

 

現在、福島県内で積極的にリスティング広告などのWeb広告を出稿している企業はほとんどありません。これははっきり言ってかなりチャンスであると言えます。

 

他者が二の足を踏んでいるときに、一歩先駆けてWebマーケティングのノウハウを蓄積でき、さらに競合が少ないため、より低価格で広告を出稿できるためです。

 

テレビCMは出しているが効果がいまいちわからない、チラシから何人の顧客が生まれたか判定しづらいなど、今までの広告に少しでも疑問をお持ちであれば、その広告費の何分の一かでもネット広告へ振り分けることで、リスクを少なくスタートすべきであるとオススメする理由がそこなのです。

 

ポイント2:自社サイトのスマホ対応

 

 現在福島県内のWebサイト(ホームページ)を見ると、スマートフォンでアクセスした際にパソコンの表示方法をそのままスマートフォンでも表示しているサイトが実に多いと感じます。

 

はっきり言えば、これは明らかな機会損失につながります。

 

なぜなら文字も画像も小さく、アクセスしたいページへのリンクも小さいため、誤って隣のリンクを押して意図したページとは別のページに飛ばされたり、問い合わせフォームも入力スペースが小さく入力がしづらいため、サイトから逃げてしまうユーザーの方が多いと予想されるからです。

 

スマホ対応すべきであることに関して、この主張を裏付ける決定的なデータがあります。

 

総務省が行った調査結果によれば、福島県のインターネット利用率は79%ということです。

 

参考:総務省 平成28年度版情報通信白書 

 

 

このうち、インターネットへアクセスするデバイスとして使用しているのが、

・パソコン:45.8%

・スマホ:47.2%

となっています。つまり、福島県ではインターネットを見る際にPCよりもスマホを使うことが多いと言えるのです。

 

東京都ではパソコンが70%、スマホが62.1%であることを考えても、福島県民のスマホ利用率は高いことがわかります。これは福島の携帯電話の普及率が95.4%と非常に高いことも関係しているものと思われます。(参考:東北における携帯電話・PHS加入契約数の推移)

 

また、せっかくWeb広告を始めるにしても、アクセスした先のサイトがパソコンにしか対応していないのであれば、成果(お問い合わせや商品の購入)獲得までにユーザーが離脱することが多くなり、かけた費用が無駄になることが多くなってしまいます。

 

さらに言えば、スマホ対応を行うことはSEOの面でも非常に重要な意味合いを持ち始めてきています。

 

基本的に、検索結果の自然検索結果内の順位はGoogleが開発したロボットがサイトを評価した上で決定されています。(Yahoo!もGoogleのロボットで順位を決めています)

 

今までは順位を決定する際に、パソコン用のサイトを基本として評価を下していました。しかしGoogleは2015年4月21日から全世界で「モバイルフレンドリーアップデート」と呼ばれる、新しい評価基準を取り入れ始めました。

 

これは簡単に言えば、「スマートフォン対応しているサイトの順位を優先的に上げる」という評価基準です。

 

つまりいくらパソコン用のサイトを綺麗に改修していても、SEO上の評価にはつながりづらくなっている、ということになってきているのです。

 

ちなみに自分のサイトがスマホ対応きちんとできているかを調べるツールが、Googleから発表されています。こちらのページからお試しいただけます。)

 

このように、スマートフォン対応をきちんと施すことは、Web広告を出す上での最低限必要な準備であり、SEO的にも非常に有効な施策であると言えるのです。

 

ポイント3:信頼できる広告代理店を見つける

 

当然ですが、より費用を抑えて効果を出したいのであれば自社内でWeb広告への出稿・運用・改善を完結させることが一番です。

 

しかし、それは多くの場合失敗に繋がっています。その理由としては

 

・自社でWebマーケティングを行う際、その専門的知識を有する人材がいない(または不足している)

・Webマーケティングだけに割ける時間がほとんどない(通常業務との兼任によるリソース不足)

・そもそもどうすれば良いかわからない

などが挙げられます。

 

その失敗を防ぐために取るべき手段が、信頼できる広告代理店を見つけることです。

 

当然広告の運用代行を行ってもらうための手数料は支払うことになりますが、それを補って余りある利点があります。それが以下の内容です。

 

・出稿開始時点である程度精度の高い広告出稿ができる(蓄積されたノウハウ)

・配信したデータをもとに問題点を見つけ、改善ができる(運用改善)

・代行してもらうことで自分の仕事に集中できる(リソースの集中)

 

特に、広告代理店が保有しているノウハウは非常に有益なものです。これにより、初期のトライアンドエラーの回数を極端に減らし、成果の最大化を早期に達成することが期待できます。

 

また、WEB広告は配信してからがスタートの広告です。広告を配信してみて表出してくる問題点をいち早く見つけ出し、それに対する改善策を組み立て修正を行うことで、成果が最大化できます。

 

こういった作業は非常に手間と時間を要します。きちんとしたWeb広告の運用を行おうと思えば思うほど、その度合いは大きくなってきます。それはおそらく通常の業務と兼任していては、到底対応しきれるものではありません。

 

そんな手間と時間を代行してもらうことで、自分が本来すべき業務に集中して取り組むことができるのです。

 

さて、それではどこでもいいからとにかく広告代理店に依頼すれば良いのでしょうか。

 

それは決して違います。

 

”信頼できる”広告代理店を見つけ出すことこそが重要なのです。よくある残念な広告代理店の傾向として、以下があります。

 

 ・スピード感がない(対応が遅い)

・提案力がない(テンプレートを多用した提案しかない)

・要望を聞かない(顧客目線ではない)

 

これらについてあえて詳しくお話しする必要はないでしょう。いずれも御社のWebマーケティングの成功率を著しく低下させる要因です。

 

それでは、どのようにして広告代理店の担当者が信頼に足る人であるかを判断するのでしょうか。それは提案時の対応・レスポンス・提案にあります。

 

もし提案時に、あなたのWebマーケティングに対する知識の乏しさに対して、上から目線で提案をする担当者であれば、取引をすべきではありません。

 

さらに最初の提案から1週間も連絡がない、問い合わせをしても返信が2〜3日後という担当もいただけません。もしそんな担当に運用を委ねれば、求める結果からはどんどん乖離していってしまうでしょう。

 

そして提案時に持参してきた提案書が、分厚いだけで中身はほとんどテンプレートという担当者も信頼すべきではありません。運用が開始したとしても、具体的な改善案が全く組み立てられないという悪い結果につながることが目に見えるからです。

 

このような点を踏まえ、信頼すべき担当者と言えるのは

・スピード感がある(対応が早い)

・提案力がある(オーダーメイドのようなきめ細やかな提案)

・要望を聞く(顧客目線に立って会話ができる)

 

これらの要素を兼ね備えた担当者でしょう。

 

もちろん最初の提案の際のみ、このような対応をする担当者もいないこともないですが、少なくとも前者よりは最悪の結果につながることは阻止できるでしょう。

 

最後に

 

正直にいってしまえば、福島のWeb広告・Webマーケティングはまだ始まってもいません。

 

しかしそれは逆に言えば、未開の大地が目の前に広がっていることと同義です。

 

未開の大地を目隠しして歩くのか、それともすでに詳細な地図を持っているアテンダントと歩くのか、成功につながる道は広告代理店が知っています。

 

そのアテンダントの一人として、カントリーアドを候補に入れていただければ嬉しいなと思いながら、この記事の筆を置きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<2018年版>福島県内の企業のWeb導入状況まとめ

December 11, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ