リスティング

広告

​とは?

Google

Analytics

とは

サイトを運営していくうえで、欠かせないのがこのGoogleが提供しているGoogle Analyticsです。

 

Google Analyticsは「無料の高機能解析ツール」で、タグを埋め込むだけで利用でき、ほんの少しの手間で導入できるため、今や全世界で多くのサイト運営者たちに利用されている大人気の解析ツールです。

さて、解析ツールとはそもそもいったい何なのでしょうか。

解析ツールとは

解析ツールをサイトに導入することで、さまざまな有益なデータを蓄積していくことができます。サイト運営者は、そのデータをもとにサイトの構成やデザインを改善していくことで、商品購買率を高めたり、より多くの集客を獲得することができるのです。

サイトに解析ツールであるGoogle Analyticsを導入することは

『お客さんをの行動の一挙手一投足を見つめている調査員を、あなたのお店に常駐させる』

ようなものと言えます。

 

例えば調査員を常駐させれば、

「お客さんが○月○日の○時○分に来店した」

「お客さんはお店の中のどこを見てから帰ったのか」

「車で来店したのか、徒歩で来店したのか」など、実に様々な情報を記録してくれます。

このようにして得た活きたデータに基づいて、お客さんがお店を見て回りやすいように同線を整備したレイアウトに変更したり、来店方法に合わせて敷地を整備したりという、実情報に基づいたリニューアルができるのです。

Google Analyticsでできること

では実際にGoogle Analyticsをサイトに導入することでどんなことができるのか、いくつか例を挙げてご紹介します。Google Analyticsで得られたデータ→それによって浮かび上がる問題点→問題点の改善方法の順で、お伝えしていきます。

例1.サイトからの離脱率が高い

データ:ほとんどのユーザーがサイト内のあるページを最後に見て帰ってしまう。

​↓

問題点:最後に見られているページが見づらく、また違うページへのリンクが適切に設置されていない。

​↓

改善方法:ページのデザイン・構成を見やすいよう修正、別ページに詳細情報をまとめリンクを設置。

例2.機会損失が多い

データ:サイトへのアクセスは午後5時以降に集中している。

​↓

問題点:リスティング広告を出しているが予算が足りず午後5時以降に広告が配信できていなかった。

​↓

改善方法:配信をアクセスが集中する時間に合わせて強化配信。

例3.モバイルユーザビリティが低い

データ:お客さんがサイトを見る際に、パソコンからではなくスマホから見ることが多かった。

​↓

問題点:パソコン用にサイトを作っていたが、スマホで見ると小さく見づらかった。

​↓

改善方法:スマホでサイトにアクセスしても、見やすいようにスマホ対応のサイトに変更。

Google Analyticsではここに挙げた以外にも様々なデータを収集できるため、サイトをどのように修正すればお客さんにとって見やすく使いやすいサイトになるかが判断できます。

サイトは作って終わりではありません。作ってからが本当のスタートとも言えます。

Google Analyticsをサイトに導入し、より多くのお客さんに喜んでもらえるサイト作りを進めていきましょう。