SEO

とは?

ネット広告をはじめようと考えている方は、一度は聞いたことのあるキーワードが『SEO』ではないでしょうか。

さて、そもそもそのSEOとは何のことなのでしょうか。

SEOとは、「Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)」の頭文字をとって作られた造語です。

実はYahoo!もGoogleも検索結果にどんなサイトを表示させるか、その順位はGoogleが開発したアルゴリズム(ルール)に照らし合わせた上で決定されます。

つまり、SEO​とはGoogleのアルゴリズム(ルール)に沿った良いサイト作り​と言ってしまってよいでしょう。ちなみに、SEOお金を払えばサイトを上位に表示させてもらえるわけではなく、つまり厳密に言えばネット”広告”ではありません。

よく耳にする「SEO対策」とは、検索結果からのアクセスや流入を増やすために様々な施策を行うことを指していると言えます。

 

​さて、Googleのロボットが検索結果の順位を決める上で、最重要として考えているポイントがあります。それは

『このサイトはユーザーにとって有益であるかどうか』ということです。

例えば、車について知りたいと思うAさんがいるとします。

さてそんなAさんにとって、有益と思われるサイトは次のうちどちらでしょうか。

答えは簡単で、車について100ページ書かれているサイトの方が、Aさんにとって有益なサイトであるといえます。その理由は、車についてより多くの情報に触れることができるサイトの方が、有益と考えられるためです。

そう考えると、単純にページ数を増やせばいいかというとそうではありません。一つ一つのページが独自の視点で豊富な文章と画像で構成されている必要があるのです。(これはあくまで一例です)

このようにして、いかに有益なサイトだと判断してもらうかを考えながらサイトを構築・運営していくことで、最終的により多くのユーザーに自分のサイトを見てもらうことができるようになります。

しかしここで注意しなければならないことがあります。それは、過度なSEO、不自然なSEOはGoogleのロボットからペナルティを受ける可能性が高くなるということです。

ペナルティ、それは検索結果に自分のサイトが表示されなくなることを指します。これはネットからの集客が0になることを意味しますので、非常に危険な状態です。

では、どのような場合に過度・不自然なSEOと判断されるのか、例を挙げてみましょう。

 

それは『他のサイトから文章をコピーして使用する』ことです。ロボットからしてみれば確かに文章の量は増えますが、あくまでそれは他のサイトからのコピーであり、ユーザーにとって有益とは言えません。そのため、あくまでサイト内の文章はオリジナルであることが求められるのです。

​これらを踏まえたうえで、サイト管理者は安全かつ地道なサイト運営を行うことが必要なのです。