カントリーアドでは福島・郡山をWebの力でサポートしています。福島ではいまだに看板広告や交通広告、新聞やチラシなどでの販促活動が主となっていますが、昨今のスマホやパソコンの保有率の上昇により、ユーザーが商品・サービスを購入する際の比較検討の手段は、Webへとどんどん移ってきています。カントリーアドではホームページの制作、パソコンやスマホでの検索連動広告の代行ディスプレイ広告運用代行Googleマイビジネス​の登録代行からGoogleAnalyticsを用いたホームページの分析まで、福島のWeb集客を全面的にサポートしております。郡山で看板広告を出していても効果が出ない。福島市で交通広告を出しているが効果測定がしづらいなど、新聞、チラシを含め今まではではできなかった分析・改善ができることがWeb広告・ネット広告の強みの一つです。これからの福島の販促をネットでサポートしていくために、福島密着型の広告代理店カントリーアドは、全力でお手伝いします。

<営業時間>

月・火・水・木・金・土 AM9:00 - PM7:00

<カントリーアドのサービス>

<福島県内の営業エリア>

© Country ad Division  All Right Reserved.

ホームページとは

​インターネット上からの集客を獲得したり、ビジネスを展開する上でなくてはならないのが、ホームページです。レストランから美容室、音楽教室から公共機関まで、今では様々な企業が自社のホームページを作成・保有し、それぞれが自分のビジネスに活かしています。

近年ではスマホ保有率の上昇もあり、ホームページの閲覧数は年々増加しています。モノを買う時だけでなく何か情報を探しているユーザーも多数おり、自社のサイトを保有しているかいないかで、集客・売り上げでも差が出てきます。

今回は、今更聞けない”ホームページとは何か”について改めて調べて見たいと思います。

ホームページとは

ホームページとは何か、という質問に簡単に答えるとすれば『インターネット上にあなたの会社の支店を置く』というイメージです。

​少し専門用語を使えば、「ホームページ とは、Safari,IE,Firefox等のウェブブラウザを起動した際に表示される、ウェブページなどの画面(ページ)である。もともとはサイト全体を表すWebサイトのトップページをホームと呼び、ホームページと呼んでいたが、現在ではサイト全体をホームページと呼称されることが多い」というところでしょうか。

。。。わかりづらいですよね。なのでここでは簡単に

ホームページ=インターネット上にあるあなたの会社の支店

​としたいと思います。

サーバー・ドメイン・コンテンツとは

​ホームページに関してよく出てくる言葉の代表格は、サーバー・ドメイン・コンテンツです。この3つがなければ、サイトは作ることも見ることもできません。

​下の図をご覧ください。ユーザーがホームページを見る時にはこのような流れを通って初めてホームページが表示されます。

もう少し簡単にご説明しましょう。

まずユーザーはパズルの完成図を見たい!と言います。するとやさしい人がダンボールの中にあるパズルのピースを取り出します。それを組み立てるとパズルが完成します。完成したパズルを、ホームページというのです。

​まとめると、ユーザーはホームページを見るためにURLを打ち込んだり検索をします。するとサーバーの中にあるサイトを構成するピース、つまりコンテンツが取り出されます。それをSafariやFirefox等のブラウザが組み立てを行い、ホームページが完成します。そうしてはじめて、ユーザーはホームページを見ることができるのです。

ちなみにサイトのドメイン(本サイトで言えばcountryad.net)を取得するためには、お名前.comなどで契約を結び、月額数円〜数千円程度の費用を支払う必要があります。また同様にサイトのコンテンツを入れておくためのサーバーも、維持管理費として数百円〜数千円程度の費用が必要となります。

ホームページを作るためには

ではホームページはどのようにして作ることができるのでしょうか。

以下の方法で作成することができます。

・HTML、CSSを用いての作成

・ホームページ作成ソフトを用いての作成

・Wordpressを用いての作成

​・Wix、Jimdo等を用いての作成

等があります。

・HTML、CSSを用いての作成

ソースコード

HTMLと呼ばれる、ホームページを作るために開発された言語を使用して一からホームページを作る方法です。(HTMLとはHyper Text Markup Languageの略です)インターネット上のホームページのほぼ全てがこのHTMLで作られていると言っていいほどに普及している言語でもあります。

 

しかしサイト作成の方法としては一番手間がかかる手法であり、<title>タグや<p>タグ等のタグを使いこなす必要があるため難易度が高い作成方法と言えます。また、CSS(Cascading Style Sheetsの略)と呼ばれる言語も併せて使用する必要があります。

 

CSSとは、簡単に言えばHTMLがホームページ内の情報の構造や​各要素の意味を決めているのに対し、CSSはそれらがホームページで表示される時のサイズや色、レイアウトをはじめとする装飾を指定するものです。

 

ここまで読まれた方はすでにお気付きのように、説明だけでもとても難しいモノであるということはわかっていただけるのではないかと思います。

 

現在ではこの方法ではなく、Wordpress等の比較的簡単にサイトが作れる方法があるため、そちらで制作されるケースが増えてきています。​

・ホームページ作成ソフトを用いての作成

ホームページ作成ソフト

ホームページビルダーに代表されるような、ホームページ作成ソフトを使って作成することもできます。

ホームページ作成にあたり、HTMLを知らなくとも文章や図など挿入すれば、ソフト側で自動的にコードを書いてくれるため初心者でも容易にホームページを作ることができます。

ソフト自体の価格も1万円程度で購入ができるため、(別途サーバー代が必要になります)初期費用としては非常に低く抑えられるところも利点の一つです。

しかしビジネス用の洗練されたデザインを作成するには不向きと言えます。デザインのテンプレートはありますが、ビジネス用のサイトとしてそのまま使用するに堪えるデザインは非常に少なく、ユーザーから「素人が作ったサイトみたい」と思われてしまうことも少なくありません。

また集客のために必要なSEO面でも、サイトを強化するためには自分でHTMLを編集する必要があります。SEOには専門的な知識が必要とされるため、初心者がこれらを編集するにはハードルが高いと言わざるを得ません。

​そして細かいデザイン面の修正・調整にはどうしてもHTMLを編集せざるを得ない状況が出てくるため、ビジネスでホームページを使用される方には諸手を挙げての賛成をしかねる方法です。

・Wordpressを用いての作成

Wordpress

現在サイトを作る上でもっとも主流とされているのが、このWordpressと呼ばれるCMSです。

。。。といきなり言われてもわかりづらいかと思いますので、順を追って説明します。

まずWordpressはCMSの一つです。CMSとはContents Management Systemの略で、簡単に言えばHTMLやCSS等の難しい専門的な部分は全てシステムに任せ、人間が簡単にサイトを管理・更新できるようにしてしまおうという非常に便利なシステムのことを指します。

Wordpress自体は無料で使用できるオープンソースのため、まとめて言えば『Wordpressを使えば無料で簡単にホームページ作成ができる』ということになります。

そのため非常に人気となり、全世界的に多くのユーザーをもっています。第三者による調査(W3Techs)によればなんと2017年8月現在、世界中のWebサイトの約27%、CMSソフトを利用したWebサイトでは約59.4%で利用されています。

Wordpressのメリットは、テーマ・プラグイン・利用者が多いというところでしょうか。

テーマとは、ブログで言う所のテンプレートのことを指します。つまり、サイトのコンテンツ(文章や画像)自体は変えずに、デザインだけを変更することができるものです。これにより、サイトを簡単におしゃれなサイトへと変更することが容易になりました。

プラグインとは、Wordpressの機能を拡張することができるものです。例を挙げれば、SEOに必要な各種設定が設定ができる『All in One SEO Pack』や、サイトの表示速度の改善が行える『W3 Total Cache』等があります。このようなプラグインを追加することで、あなたのサイトをより使いやすく高性能にすることが可能になります。

​・Wix、Jimdo等を用いての作成

近年初心者を中心に、全世界で人気を集めているのがこのホームページ作成サービスであるWixとjimdoです。​

ブログ感覚で専門知識がなくともホームページが作成できるWordpressよりも、さらに簡単に自分だけのサイトを作っていくことができます。

主な特徴は、無料で作れる・テンプレートが豊富・とにかく簡単というところでしょうか。

無料で作れるということですが、具体的にはサーバー維持管理費もサイト作成にかかる費用も、全て0円です。とにかくまずはサイトを作ってみたいと思う方は、試すべき参入障壁の低さだと思います。

注意しなければならないのが、無料の場合にはWixやJimdoの広告がサイト内に表示されます。そのほかにも使用できる機能に制限がかかるため、商用利用しようと考える場合には月額数百円〜数千円程度の費用が必要となります。

テンプレートが豊富であることも、このサービスのメリットです。特にWixにはデザイナーから店舗まで、ビジネスの種類に合わせたテンプレートが複数用意されており、一からサイトを作るのに比べて大幅に作成時間を減らすことができます。自分のビジネスで手一杯という人にも、これなら安心ですね。

とにかく簡単というところが、この2つのサービスの最大の利点です。特にWixではPower Pointを使ったことのある方ならストレスなく、サクサクとサイトが作れてしまうでしょう。基本的にはドラッグアンドドロップでサイトが作れてしまうため、現時点ですでに全世界9000万を超えるユーザーに利用されています。

まとめ

1993年4月に世界で最初のWebページがこの世に誕生してから、今年で24年になりました。

巨大だったパソコンがどんどん小さくなり、現在ではほとんどの人がスマホから簡単にホームページを読むことができるようになりました。

またホームページの誕生により、私たちのビジネスも大きく変わってきています。商店街にあった様々なお店はショッピングモールに取って代わられ、そのショッピングモールですらamazonに駆逐されはじめてきています。きっとこの流れは、ほかの業態にも徐々に訪れてくることでしょう。(すでに訪れているものも多くありますが)

実店舗の意味がどんどん薄れていく現代で、ホームページを持たないことは大きなリスクになります。1日でも早く自社のホームページを持つことが、求められていると言えます。