• countryadstaff

【福島の企業向け】リモートワークのやり方お教えします。


今回は、リモートワークをお考えの福島の企業の方向けに、


・リモートワークとはどういうものか

・リモートワークでできることは何か

・具体的な始め方、そしてやり方


を、どなたにでもわかるように簡単にお伝えしていきたいと思います。


私の知識など取るに足らないものではありますが、こういったことを少しでも多くの福島の企業様にご活用いただき、


これ以上の感染を防ぐためにお役立ていただければ、とても嬉しく思います。

リモートワークとはどういうものか

そもそもリモートワークとはなんでしょうか。


これは「会社や事務所などに出勤せず、違う場所(家など)で勤務する働き方」を指します。


リモートワークはまだできたばかりの言葉であり、慣れない方は”テレワーク”とほぼ同じと考えていただいても大丈夫です。


つまりは、家にいながらにして仕事をこなすことができるため、人が移動せずとも仕事を進めていくことができます。

リモートワークで何ができるのか

リモートワークでできることとして、いくつか例を挙げていきます。


・お客様、取引先とのやり取りをパソコンやテレビ電話で行う。

・社内の人間とテレビ電話で会議をしたり、データの共有を行う。

・チャットツールを使って、話をしながら仕事を進める。


もちろん営業マンや、直接対面しなければならない仕事の場合は導入が難しいですが、それ以外の場合には、ある程度このリモートワークへ置き換えることが可能です。


次からは、実際にあなたも使えるリモートワークのツールやサービスをご紹介していきます。

テレビ電話サービス

SkypeFacebook Messengerなど、近年では無料で利用できるテレビ電話サービスが多数登場してきています。


用意するものは以下の通りです。


・ビデオカメラ付きのPC

・もしくはスマホ


つまり、テレビ電話でのリモートワークの導入には、費用は一切必要ありません。PCかスマホ1台あれば、今すぐにでもスタートできます。


1点だけ対応する必要があるのが、

「テレビ電話サービスへの登録・ソフトのインストール」

です。


具体的に見ていきます。

Facebook Messenger


おそらく福島でも多くの方が利用しているSNSが、Facebookです。そのFacebookが無料で提供しているビデオ通話サービスが、Facebook Messengerということになります。


ここからはビデオ通話のやり方をお伝えしていきます。


1:まずFacebookにアクセスします。

2:連絡先からビデオ通話をしたい人を選択します。

3:出てきたメッセンジャーボックスの、ビデオボタンを押すとビデオ通話が開始されます。


これだけでビデオ通話でのリモートワークが開始できます。

Zoom


ビデオ通話をしたい人と、受けたい人のどちらもFacebookを利用している場合は、先ほどの方法でビデオ通話が可能です。


しかし、もしどちらかかがFacebookを利用していない場合にはどうすればいいでしょうか。


その場合にオススメしたいのがZoomと呼ばれるビデオ通話サービスです。(もちろん無料です)


早速ビデオ通話のやり方をご説明致します。

(ビデオ通話をかけたい方、受けたい方に分けてご説明していきます。)


<ビデオ通話をかけたい方の対応>

1:Zoom(https://zoom.us/jp-jp/meetings.html)にアクセス


2:Zoomに登録する(参考までに登録方法のビデオも載せておきます)


3:zoomを開き、”新規ミーティング”を選択

4:するとすぐビデオ通話が始まるので、”招待”をクリックします。


5:左下の”招待をコピー”をクリックします。


6:コピーした招待文を、ビデオ通話をかけたい相手にメールします。


これで、ビデオ通話をかけたい人の対応は完了です。


次はビデオ通話を受けたい人の対応に移ります。


<ビデオ通話を受けたい人の対応>

1:送られてきたメールの中の、URLをクリックします。


2:すると下の画面が開くため、”こちら”をクリックします。(左下はクリックしません)


3:参加する人は自分の名前を入れて、参加をクリック


4:ビデオ通話画面が開いたら、下図のボタンをクリックして、ビデオ通話開始。


これで、簡単にビデオ通話を行うことが可能になります。

重いデータを送りたい

社内外の人間に対して、重いデータを送りたい場合もあるかと思います。


そんな時には、Firestragehttps://firestorage.jp/)が便利です。


詳しい使い方は、こちらの記事に詳しくまとめられていますので、ご参考になさってください。


<参考記事>

https://www.radical-support.jp/manual/data-ukewatashi/firestorage.html


このサービスは簡単に言えば、

「重いファイルをクラウド上へアップロードし、そこから他の人にダウンロードしてもらう」サービスです。


重いファイルがある際など、これがあればメールサーバに負担をかけることなくデータの送受信が可能になります。

チャットツール

チャットとは、簡単に言えばLINEのようにソフトやアプリ上で、1人から複数名とオンライン上で会話をするツールのことを指します。


私がオススメしたいのが"Slack"と呼ばれる、ビジネスコミュニケーション用のチャットアプリです。


このアプリを使えば、社内のプロジェクトごとにチームの部屋を作ってそこで会話したり、データを共有することが簡単にできます。


詳しくは、こちらの記事をご参考にしていただければと思います。


<参考記事>

https://jimon.info/series-slack-1st/


私もヘビーユーザーであり、非常に使いやすいのでまずは一度試して欲しいと思います。(もちろん無料です。)

会社に出社しなくても、仕事ができる時代

パソコンの小型化、スマホの普及、無料で使える通話サービスなどの普及により、会社に出社せずとも仕事ができる、そんな時代が既に到来しています。


福島県内ではまだまだこういったリモートワークを行っているところは少ない状況にあります。


それどころか、リモートワークすら知らない経営者層すらまだ多く存在しています。


もちろん対面して話すことで、わかることや進むものも多くあるのはわかります。


しかしあまりに対面にこだわるあまり、社内で感染が蔓延してしまったら、その被害は甚大であり最悪の場合会社自体の存続が危うくなることも考えられます。


「お金がないから」「やり方がわからないから」は、この記事を読めばただの言い訳に過ぎないことはわかっていただけると思います。


「お金がなくてもできる」し、「やり方は簡単」なリモートワークを最大限活用することで、


社内、そして取引先などの方々を「守るための方法」として、ぜひ福島の企業様にもリモートワークの導入を進めていただければ、


この記事を書いた意味があると思います。


カントリーアドでは福島・郡山をWebの力でサポートしています。福島ではいまだに看板広告や交通広告、新聞やチラシなどでの販促活動が主となっていますが、昨今のスマホやパソコンの保有率の上昇により、ユーザーが商品・サービスを購入する際の比較検討の手段は、Webへとどんどん移ってきています。カントリーアドでは、パソコンやスマホでのリスティング広告(検索連動広告)の運用代行ディスプレイ広告運用代行Googleマイビジネス​の登録代行からYoutube広告SNS広告の運用代行まで、福島のWeb集客を全面的にサポートしております。郡山で看板広告を出していても効果が出ない。福島市で交通広告を出しているが効果測定がしづらいなど、新聞、チラシを含め今まではではできなかった分析・改善ができることがWeb広告・ネット広告の強みの一つです。これからの福島の販促をネットでサポートしていくために、福島密着型の広告代理店カントリーアドは、全力でお手伝いします。

<営業時間>

月・火・水・木・金・土 AM9:00 - PM7:00

<カントリーアドのサービス>

<福島県内の営業エリア>

© Country ad Division  All Right Reserved.