• countryadstaff

福島でイベントの集客をする方法とは【具体例付き】

最終更新: 4日前


福島でイベント集客を考えていらっしゃる皆様、こんにちは。


おそらくはイベント集客をいかに進めていくべきか、もしくは新しいイベントの集客方法についてお探しでしょうか。


この記事では、福島でイベントの集客をする方法」を具体例を挙げながら、いくつかお伝えできればと思っております。


あなたのお役に少しでもなれるのなら、とても嬉しく思います。


※自己紹介が遅れましたが、私は福島のインターネット広告全般のコンサルティングを行っております、カントリーアドと申します。

これまでの福島のイベント集客方法


福島県内でイベントの開催をすると決め、「よし、次は集客だ!」と考えたときに


ほとんどの場合、以下のどれか(もしくは全て)を集客方法として取り入れるのではないでしょうか。


・テレビCM

・チラシ配布

・取引先や関係企業への呼びかけ

・口コミ

・実店舗へのポスター掲載


しかし年々、そういった昔ながらの集客手法では、十分な集客が確保できなくなってきていることは、私のお客様からも実際の声としてもちらほらと上がってきています。


今回はそういった古い(というと失礼かもしれませんが。)形態の集客方法ではなく、今の時代のニーズに合った集客方法をお伝えしていきます。

人はどのくらいテレビCMやチラシを見ているのか

まず、あなたが集客したいと考えているお客様についての、興味深い情報をお伝えします。


博報堂(大手の広告代理店)が発表したデータによれば、


人がメディア(テレビや新聞、インターネットなど)に接触する時間は1日あたり約7時間弱(411.6分)


その半分の時間である約3.5時間はインターネット(パソコン、スマホ、タブレット)に費やされている。


参照:~博報堂DYメディアパートナーズ 「メディア定点調査2019」時系列分析より~


これは簡単に言えば、


今までの集客方法(テレビCMやチラシなど)では、現在ではお客様の半分にしかアプローチできていない>とも言えるのです。


ここで改めてあなた自身にお聞きしますが、


最近チラシを見たのと、インターネットを見たのはどちらの時間が多いでしょうか。


おそらくほとんどの方が”インターネット”と答えると思います。

それほどに、現代のお客様はどんどんチラシなどの紙媒体を見なくなってきています。


だからこそ、全お客様の半分を占める、インターネットを攻める必要があるのです。


次の章からは、インターネットで福島のお客様をイベントに集客するための、具体的な方法をお伝えしていくことにします。

イベント集客に最適なインターネット集客とは


インターネットで集客する。と聞くと、「難しそう」「やったことがない」などと困ってしまう方も多いかもしれませんが、


そんなに難しいことではありません。いくつか具体例を挙げていきます。


・自社サイトでイベントの告知を行う

・SNS(Facebook、Twitter、Instagram等)を利用した告知を行う

・ネット広告でバナーやテキストで告知を行う

・昨年のイベントの様子をYoutubeで配信する

・LINE@を利用して登録メンバーへ告知を行う


これだけですと、まだまだイメージが湧かないかもしれませんので、ここからは一つずつ深掘りしてご説明させていただきます。

自社サイトでイベントの告知を行う

まず最低限すべきなのが、自社サイト内にイベントの告知バナーなどを設置し、


御社に興味を持っているお客様へイベントを告知していくという方法です。


これには広告費は一切かからず、かつ既に御社に興味を持っているお客様へ告知ができるため、やらない手はない集客手法と言えます。


かかる費用といえば、イベント告知用のバナーと特設ページ、強いていえば制作会社へのページ改修費用程度です。


イベントを行うと決めたなら、まず最低限この部分は抑えておきたい集客手法の一つです。

SNS(Facebook、Twitter、Instagram等)を利用した告知を行う

次にご紹介するのが、自社のSNSアカウントや、社員の個人SNSアカウントで、イベントの告知を行う集客方法です。


現在では様々なSNSがあり、実際多くのお客様が利用されています。


既に自社のSNSアカウントがある場合には、イベントの簡単な情報を投稿して、詳しくは特設ページへのリンクを貼るだけで、


御社や御社の社員が繋がりのあるお客様へ、自然な形でイベントの告知を行うことができます。


そして費用も全く必要ありませんし、手間といえばイベントのイメージ写真と共に簡単な情報をアップロードするだけです。


このように、SNSを利用した集客も手間・費用がほとんどかからないため、福島でイベントへの集客を考える上でマストと言える集客方法です。


※一つ注意点として、社員にイベントの告知を行ってもらう場合には、少なくとも御社やそのイベントにふさわしい言葉遣いや内容で投稿を行う必要があります。


告知を行う前段階で、テンプレートや注意点を予め社員に伝えた上で投稿をしてもらうことで、自社のSNSが炎上することを防ぎます。

ネット広告でバナーやテキストで告知を行う

この集客手法には費用がかかります。しかしその分の効果が期待できる手法となります。


具体的には、Googleが保有する膨大なデータを使い、御社のイベントに興味を持ちそうなお客様候補の方にだけ、


バナーやテキストでのイベント告知を行うことができる、集客手法です。


・・・。少しイメージがしにくいかもしれませんので、もっと簡単にまとめますと、


20代から50代までのランニングが好きな男女で、かつ郡山市役所から半径20km県内に住んでいる人たち


が見ているブログやホームページ、何かを検索したときの検索結果に、イベントの告知バナーや告知文を掲載して、


集客することが可能である広告ということです。


ここまでお客様を絞り込んで出すことができる広告は、現代にはこれ以外にはありません。


さらに、既にサイトをお持ちであればほとんどの場合、Googleの解析ツールGoogle Analytics

のデータを共有いただければ、こんなこともわかります。

(Google Analyticsについて、よくわからない場合には、制作会社に聞いてみてください。解析ツールがもし入っていない場合、とてももったいない状況ですので、必ず入れるようにしてください。)


「ホームページへのアクセスが多いのは、朝方なのか夕方なのか」

「イベントの特設ページは、何分間読まれているのか」

「どんなキーワードで検索した人が、ホームページを訪れているのか」


つまりインターネット広告とは、


お客様の50%に届けられ、細かい絞り込みができ、さらに効果検証とその後の改善」までができる、いわば万能の広告ということがお分かりいただけたかと思います。

昨年のイベントの様子をYoutubeで配信する

イベントの様子や雰囲気をお客様に伝えるのに最適な方法は、動画をおいて他にありません。


どんな客層が訪れていて、どんな催し事が行われていて、来ている人が楽しそうかどうか。


動画には短い時間の中に、圧倒的な情報量が含まれています。


具体的な例を挙げるとすれば、たった1分間の動画の中に

「文字で言えば180万文字に相当」

「WEBページなら3600枚分に相当」

するほどの、圧倒的な情報が含まれているとも言われています。


もしあなたが昨年もイベントを開催しており、その様子を撮影した動画があるならば、迷うことなくその動画を活用すべきです。


配信先として最低限抑えなければいけないのがYoutubeです。


Youtubeからの直接のアクセスはもちろん、他のメディア(自社サイトやSNS)で利用する際にも、リンク一つでお客様を誘導できるため、


非常に使い勝手がよく、手間がかからないコンテンツとして、活用することができます。


注意点として、Youtubeは昨今のYoutuber達の人気ぶりから参入してくる競合他社や個人が非常に多くなってきており、


Youtube内で注目を集め、そこからアクセスを獲得することは至難の技と言わざるを得ません。


福島の企業でそこに力を割くことができるほど、余裕のある企業は(悲しいことに)ほとんどいないと思われます。


ですから、まずはYoutubeへアップロードし、それを他のメディアで活用していくという流れが、はじめの一歩としてはいいのではないでしょうか。

LINE@を利用して登録メンバーへ告知を行う


皆さんは、様々なお店でこんなPOPをご覧になったことはないでしょうか。

これはLINE@と呼ばれるもので、簡単に言えば

お店とお客様がLINEでやりとりできるサービス」です。


お客様がお店のLINE@とともだち登録をすると、あなたが「新メニューができました」や「お得なクーポン配布中!」のような情報を発信すれば、


それが登録してくれたお客様のLINEに直接届くという、画期的なサービスです。


もしあなたが既にこのLINE@を利用していて、一定数のお客様がついてきてくれているならば、


あなたのお客様に対して直接イベントの告知を行うことができ、これは非常に強力な誘致につながると考えられます。


LINE@の利用自体は無料でできるため、もしまだ利用をしていないのであれば、一刻も早い導入を検討すべきと言えます。

福島のイベント集客方法は一つではない

ここまでご覧いただいて、「まだまだ自分でもやれることはあるんだ」と感じていただけたのでは、と思います。


「イベント集客?外注してるから任せっきりだね」ではなく、「自分でもできることがあるなら、まずはやってみよう」という、


チャレンジ精神こそが、これからのイベント集客に求められるマインドなのではないでしょうか。


当カントリーアドでは、単なるインターネット広告の代理店としてではなく、


御社のインターネット広告担当>として、「インターネット広告を使って〇〇をする」という考えではなく、


御社の目的達成や、売り上げを上げるために、いかにインターネットを活用していくか」に主眼を置き、


日夜様々な業種・業態のクライアント様のサポートを行っております。


どんなご相談でも、質問ベースでも構いませんので、まずはお気軽にご連絡をいただければと思います。(相談は完全無料・しつこい営業も一切致しませんので、ご安心を!)


お問い合わせはこちらから


カントリーアドでは福島・郡山をWebの力でサポートしています。福島ではいまだに看板広告や交通広告、新聞やチラシなどでの販促活動が主となっていますが、昨今のスマホやパソコンの保有率の上昇により、ユーザーが商品・サービスを購入する際の比較検討の手段は、Webへとどんどん移ってきています。カントリーアドでは、パソコンやスマホでのリスティング広告(検索連動広告)の運用代行ディスプレイ広告運用代行Googleマイビジネス​の登録代行からYoutube広告SNS広告の運用代行まで、福島のWeb集客を全面的にサポートしております。郡山で看板広告を出していても効果が出ない。福島市で交通広告を出しているが効果測定がしづらいなど、新聞、チラシを含め今まではではできなかった分析・改善ができることがWeb広告・ネット広告の強みの一つです。これからの福島の販促をネットでサポートしていくために、福島密着型の広告代理店カントリーアドは、全力でお手伝いします。

<営業時間>

月・火・水・木・金・土 AM9:00 - PM7:00

<カントリーアドのサービス>

<福島県内の営業エリア>

© Country ad Division  All Right Reserved.